DIC川村記念美術館

みなさん、こんばんは。
本日は全日本学生美術展に出品した生徒たちの作品の搬出に行ってきました。
搬出と言っても東京都美術館へ我が愛車を乗り付けて油絵10枚ほどを積んで佐倉に戻ってきただけですが、花粉症で鼻はぐちゃぐちゃ、薬で眠いわで…一時間ほどの運転が結構大変でした。

DIC川村記念美術館

DIC川村記念美術館

さて、きょうは私の勤める学校のある千葉県佐倉市(チーバ君の目のあたり)にある「DIC川村記念美術館」をご紹介いたします。
「DICカラーガイド色見本帳の***番」といえばに日本中どこへ行っても通用する、あのDIC(旧大日本インキ化学工業株式会社)の総合研究所内にある美術館です。

近現代美術コレクションでは日本有数でマーク・ロスコ、フランク・ステラが特に有名。
長谷川等伯の重文「烏鷺図(うろず)」やレンブラント、モネ、ルノワール、ポロック、エルンストなど堂々の作品群。
私の好きなのは橋本関雪の「木蘭」。やっぱり綺麗な女性が描かれた絵がいいですね。
「木蘭」は「ムーラン」というタイトルでディズニー映画になっています。京劇では「花木蘭」。
老病のとーちゃんに代わって、娘の木蘭が男装して従軍。異民族(突厥)を相手に各地を転戦し、自軍を勝利に導いて帰郷するというストーリー。DIC川村記念美術館では橋本関雪のこの絵でラッピングしたバスを美術館や研究所の送迎用に走らせています。見つけた人はきっと幸せになれますよ~ん。

橋本関雪「木蘭」

マーク・ロスコ

DIC川村記念美術館

「DIC川村記念美術館」は千葉大会のツアーコースにも入っています。お楽しみに…

ツアーとか外堀ばかりで本題を書かないとお叱りをうけそうですね。
その辺もこれからアップしていきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

購読

メールアドレスを送信して下さい。
更新をメールで受信できます。

6人の購読者に加わりましょう